太らない原因

腸の調子が悪いと太りにくい?改善するにはどうしたらいいの?

更新日:

 

お腹を壊して下痢しているときに、げっそりやつれてしまった・・・っていう経験をしたことのある人、少なくないはずです。
その理由は簡単明白。「食べても出ていくから」。
腸と栄養は非常に関係性が深いのです。
そもそも腸の調子が悪くなるのはなぜなのか?
腸の調子が悪いと太りにくくなるのはどうしてなのか?
今記事は腸の働きと体重増加の関係、改善する方法についての記事になります。

なぜ腸の調子が悪くなるの?

腸(お腹)の調子が悪くなるのはいくつか理由があります。

暴飲暴食

食べ物は胃で消化、腸で吸収されますが胃腸に負担の大きい食物を慢性的に暴飲暴食することは(元々胃腸が弱い人はたまにでも)胃腸に負担をかけてしまい、機能が十分作用しなくなります。

過食

食べる量や回数が多いと常に胃腸が働き続けることになり調子が悪くなりやすくなります。特に深夜の飲食は負担が大きくなります。

腸内細菌のバランス不良

腸には善玉菌と悪玉菌とが存在します。善玉菌は便通を良くすることや、免疫機能を活発にするなどの作用があり、悪玉菌が増えると下痢や便秘を引き起こすことや、おならを臭くするなどが起きます。
通常腸内は善玉菌が優勢に働いていますが、時として悪玉菌優勢のバランスになると下痢や便秘を引き起こします。
悪玉菌が優勢になるきっかけは高脂肪、高糖分の食事が続いたときや風邪をひいてウィルスが入った時などが挙げられます。

水分不足

水分が不足すると便が腸内で硬くなって、うまく排出できず溜まってしまい、その結果便秘になってしまいます。腸の動きも悪くなりお腹の張りを感じます。

不規則な生活

昼夜逆転の生活、睡眠不足など不規則な生活は腸の働きを悪くします。

運動不足

運動が不足すると腸の蠕動活動が不十分になり便秘になりやすくなります。
便秘は肌を荒れさせることや、お腹の張り、腹痛などを起こしたりします。

運動不足と太るに関しての記事は「運動不足が太れない原因?運動と太ることの関係とは?」をご覧ください。

便意を我慢すること

排便はなるべく規則正しく習慣化することが大切ですが、便意を催した際トイレに行くことができなかったりして我慢すると、便が腸に留まりやすくなります。
また固くなって排便がより困難になります。

ストレス

精神的ストレスが大きいと自律神経の乱れにつながり腹痛を起こすことがあります。

その他

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、クローン病等々、消化管の疾患があれば当然・・・ですよね。

腸の調子が悪くなるとどういうデメリットがあるの?太りにくくなるのはなぜ?

腸は栄養を吸収する働きをします。食べ物を口から取り込み、胃で食べ物を消化した後、栄養を小腸で吸収しますが、その際栄養としてきちんと吸収できたぶんだけ、体の筋肉や皮下脂肪に変わります。
食事をしっかり摂っても、腸で栄養が吸収されなければ筋肉や脂肪に変わらないので太りにくい・・・ということになります。
つまり、食べても栄養にできない効率の悪い身体になることが腸の調子が悪いことによる最大のデメリットなのです。
また、腸は細菌やウイルスなど、人の身体にとって異物となるものの侵入を防ぐ役割を担っています。
血液中のリンパ球(免疫細胞)は腸に70%集まっています。腸の調子が良ければ有害な物質をうまく体外に排出することができ、体内器官がうまく作用します。
腸の調子を整えること=身体全体の調子を整えることにもつながるので、腸は第二の脳とも呼ばれています。
そんな重要な役割を担う腸の調子が悪くなると、身体の調子を崩してしまい、代謝を司る様々な器官もうまく作用しなくなってしまうのです。近年腸内細菌と様々な疾患についての研究も進んでいます。
異物の侵入を阻む防衛省的存在であり、体内での代謝(栄養をきちんと必要な箇所で取り込む作用のこと)がうまくいくよう指令を出す司令塔でもあるので、腸の調子が悪くなると代謝がうまくいかなくなってしまうのです。

腸の調子を改善するにはどうしたらいいの?

腸の調子を整える方法を以下にまとめました。

腸内環境を整える。

腸に住む細菌のバランスを整えてやることが一番です。善玉菌優勢になるよう腸内環境を整えることで腸の活動が活発になります。
食物繊維、ビタミン、ミネラル、乳酸菌を充足させることに加え、善玉菌の餌となる「オリゴ糖」を取り入れるようにしましょう。食物繊維はさつまいも、切り干し大根、海藻類、ごぼうなどに多く含まれます。ビタミン、ミネラルは野菜やフルーツや海藻類に含まれます。乳酸菌は納豆、みそ、キムチ、ヨーグルトなど発酵食品に多く含まれます。オリゴ糖は玉ねぎやはちみつにも含まれますが、含まれる量は少ないので市販のオリゴ糖シロップやオリゴ糖顆粒を利用すると良いですよ。

体温を高める

生姜や唐辛子など身体を温める食材を料理に取り入れ、体温を高めましょう。体温を上昇させると代謝アップにつながります。
代謝が良くなることで腸の栄養吸収も活性化することが知られています。

胃腸の負担を減らす

胃に長く停滞する食物の過食に注意します。脂っこいものは消化速度が遅くいつまでも胃に留まるので過食は良くありません。
また、腸内環境を整えることでオススメの食物繊維を多く含む食品も、普段は積極摂取してもらいたい食材ですが、胃腸の調子がすぐれない場合は控えるほうが無難です。
そういう状態のときは消化のいい炭水化物(ご飯や煮込み麺等)を中心に食べるようにしましょう。
たんぱく源も油を多く含む肉類より、豆腐など大豆製品中心にして良質なたんぱく質で補うようにするのが良いです。

ストレスをなくす

精神的ストレスで自律神経障害を起こすと消化吸収障害にもつながります。
また、単純にストレスで食欲が落ちてしまうこともあり、体重を増やしたい人には良いことはありません。
ストレス源を見つけ、上手なストレス発散法を見つけていきましょう。

サプリメントの利用も

身体の酵素は栄養の吸収や代謝を担っています。
酵素がすくない人は栄養素を取り入れる力も弱いのです。酵素入りドリンクや腸内環境を整えるサプリメントをうまく利用するのも方法でしょう。

太るサプリを利用してみる

太るサプリは太りたい人用のサプリメントになります。
栄養の消化吸収を助ける成分が含まれていたり、たくさんの酵素が含まれている商品があります。
これらを太りたいという方はこれらを利用してもいいでしょう。
詳しくは「太るサプリメントおすすめランキング。人気商品はどれ?」で太るサプリメントの詳細とおすすめのサプリメントを紹介しています。
どうぞご参照ください。

おわりに

腸と体重の関係についてお話しました。
腸の状態を良くすることは体重を増やすことの基本です。
体重を増やしたい人はとかく無理をして食べる量を増やそうとすることや、不健康なやり方になりがちですが、健康的に体重を増やす方法を押さえておきましょう。
ダイエットをしたい人も、体重を増やしたい人も、健康的に楽しく食事でできることが大切です♪。

-太らない原因
-, ,

Copyright© 今売れてる太るサプリメントおすすめランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。