痩せすぎのリスク

太れないのは消化吸収が不良だから?消化吸収の仕組みも解説

投稿日:

 

太れない人や、やせ型の人は

「消化吸収が悪いせいだ」

「胃腸が悪いんじゃない?」

なんて言われますが、そもそも消化吸収の仕組みや流れはどんなふうになっているのでしょう?
消化吸収能力と太れないことって本当に関係があるのでしょうか?
人が食べ物を摂取して消化吸収する一連の流れはざっくり一言で現すと、口→食道→胃→十二指腸→腸・・・という流れになっています。
まずは人の身体の消化吸収のメカニズムについて理解を深めていきましょう。

消化のメカニズム

まず食べ物が消化される流れを簡単に説明していきましょう。
文頭で述べたように口、食道、胃・・・という流れで食べ物は消化されていきますが、それぞれの器官でどのような消化の作用があるのかを解説していきましょう。

<口>

取り込まれた食べ物は歯で咀嚼(かみ砕くこと)され、唾液の「アミラーゼ」というでんぷん消化酵素によって分解されます。

<食道>

口でかみ砕かれて分解された食物を胃に送り込みます。
食道に疾患があると通過障害を起こして、栄養が胃まできちんと届かないことになります。

<胃>

胃から分泌される胃液の「ペプシン」というたんぱく質分解酵素によってたんぱく質が更に小さい分子まで分解されます。

<十二指腸>

肝臓から分泌される胆汁と膵臓から分泌される膵液が十二指腸に流れ込みます。
胆汁は脂肪を分解して吸収できる形にする働きがあります。
膵液はたくさんの酵素を含み、三大栄養素を更に分解して、身体に吸収されやすい形にします。また、脂肪は膵液でしか消化されないのでとても重要な働きを担っています。
ちょっと専門的な言い方をすると、炭水化物をブドウ糖に、たんぱく質をアミノ酸に、脂肪をグリセリンや脂肪酸という小さな分子まで消化します。

吸収のメカニズム

では次に吸収の流れを説明します。

<小腸>

胆汁、膵液、腸液が混じりあいます。そして大部分の栄養素が主に小腸で吸収されます。
吸収された栄養分はリンパ管や毛細血管で全身に送られます。

<大腸>

主に水分とミネラルを吸収します。

消化吸収と太れないことの関係性

このように、消化吸収とひとことで言っても、それぞれの働きを担っている器官は異なります。
また、様々な消化液があり、消化できる栄養素も別々なのです。
例えば胃の働きが悪くペプシンがきちんと分泌されないとたんぱく質が分解されず、吸収もできない・・・たんぱく質は筋肉をつくる働きのある栄養素なので筋肉がうまくつかなくなってしまいます。
膵液や胆汁の分泌が悪いと脂肪が分解されず、身体に取り込まれない場合、脂肪は高カロリーなので大きなエネルギー源が確保できないということになります。ひどい場合は消化できず下痢することで、身体の水分まで失われてしまい、益々体重が落ちてしまうことになるのです。
消化器官、吸収器官が各々全てうまく作用することで必要な栄養素が体に取り入れられるのです。
消化吸収が悪いと太れない・・・つまり消化吸収が悪いと栄養が身体にきちんと取り込まれないから太れないということです。
体質的に消化管が弱い人、疾患を持っている人、体調不良時などは最初から消化吸収されやすい食べ物を選ぶことも大事です。
また、口から食べ物を取り込んで、その栄養がきちんと吸収されるまでの時間は個人差がありますが24~72時間と言われています。
取り込んだ食べ物の栄養が全て消化・吸収できると効率の良い代謝のいい身体・・・ということになるのですが、消化管が弱い人や調子が悪いとき、またそうでなくともその時々の体調などによって栄養の吸収率や吸収されるまでの時間も変動します。
自分の身体の消化管の状態や能力、特徴を知っておくことは大切です。

おわりに

健康的に太りたいとお考えのかたは、まず消化吸収が良くなるよう消化管の機能を整えることから始めましょう。
一生懸命食べても、消化機能が十分に作用しなくては全く無駄な努力となってしまいます。
食べたものの栄養をきちんと取り込み、健康的な身体つくりを心掛けましょう!!
消化吸収をよくするには消化酵素も重要になります。
詳しくは「太るサプリメントに含まれる消化酵素って何?どういう効果があるの?」にて詳しく解説していますのでご参照ください。

-痩せすぎのリスク
-, ,

Copyright© 今売れてる太るサプリメントおすすめランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。